HOME>イチオシ情報>気をつけることとサービス内容の理解は重要

業務に適しているか

社長と秘書

会社の秘書が欲しいけども、秘書を雇うほどのお金がない場合は、秘書代行業者に依頼する方法があります。秘書代行業者に依頼するメリットは、必要な時に利用することができることです。特にそれほど大きくない会社の場合には、専属の秘書をつけたとしても、人件費が高くなってしまい割にあいません。仕事の量が多ければ良いですが、そこまで仕事の量がない場合は、時間限定で雇った方が良いでしょう。そのように、都合の良い話があるのか疑問に感じる人もいるかもしれませんが、秘書代行を使えばその問題を円滑に解決してくれるでしょう。ただ、闇雲に使えば良いわけではありません。その業者に向いているかどうかを事前に確認しておかなければいけません。

その仕組みを理解しよう

社長と秘書

秘書代行をする場合には、その仕組みをよく理解しておいた方がトラブルを回避することができます。まず、契約内容によってどれだけの時間拘束することができるか決まってくるところです。例えば、毎日のように仕事をしてもらいたい場合には、1ヵ月間フルで契約すると良いでしょう。この場合、複数の秘書を利用することもできますが、完全に1人の人に任せたい場合はそのように契約をすることも可能です。

難易度によってお金が変わる

秘書と男性

秘書代行を利用する場合には、料金が気になるところですがその難易度によって料金が異なります。例えば、簡単な仕事が中心の場合にはそこまでお金はかかりません。書類の作成やスケジュール管理などが、これに該当します。しかし、専門分野の秘書の場合には、専門的な知識が必要になることも少なくないでしょう。このような場合には、その分だけ料金が上乗せされるかたちです。仕事の難しさに比例して、料金が高くなると理解しておけば良いです。

広告募集中